花鳥参拝帖

参拝した寺社の見どころと御朱印・おみくじの紹介

安祥寺【見どころと御朱印】特別公開! 京都山科のお寺で仏像拝観

京都の安祥寺

京都山科、琵琶湖疎水沿いにある安祥寺。通常非公開のお寺ですが、特別に参拝のできるときがあります。御本尊の十一面観音は必見です!

安祥寺でいただける御朱印

十一面観音の御朱印

安祥寺の十一面観音の御朱印

御本尊・十一面観音の御朱印です。

五智如来の御朱印

安祥寺の五智如来の御朱印

京都国立博物館に寄託されている、五智如来の御朱印です。

安祥寺の見どころ

安祥寺は嘉祥元年(848)文徳天皇の母・藤原順子の発願で、唐僧・恵運によって創建されました。

かつては広大な敷地をもつ寺院でしたが、現在は本堂・地蔵堂・大師堂を残すのみとなっています。

琵琶湖疎水

参拝したときは京都非公開文化財特別公開の期間でした。同じく特別公開のあった毘沙門堂門跡から、琵琶湖疎水沿いを西に歩いていきます。

毘沙門堂のあるところも、以前は安祥寺の敷地だったといいます。かつての寺の大きさを感じつつ、新緑のなかをのんびりと移動。現在このあたりは桜が美しい名所として有名です。

毘沙門堂門跡については、こちらの記事もどうぞ。

www.hanatori-sanpai.com

歩き始めて10分ほどで、安祥寺の入り口に到着。拝観料を納め、まずは本堂に上がっておまいりします。

本尊 十一面観音立像

安祥寺の本堂

ふだん非公開の仏像を見ることができるとあって、堂内参拝者の熱気を感じます。

御本尊の十一面観音立像は木像。重要文化財に指定されています。

切れ長の目、お顔はややふっくらとした印象。黒いつやのある全身には金箔がところどころ残り、きらきらと光ります。左手に水瓶を持ち、自然にすっと立つ姿はとても美しい。

横から見ると、軽く踏み出すように片足を浮かせているのがわかります。御本尊の左右は、四天王像が守護します。

お堂にあがって、間近で参拝できるのがいいですね。はるばる山科まで来たかいがありました!

堂内は撮影禁止。御朱印所にあったポスターはオッケーとのことで、ありがたく撮影させていただきました。

安祥寺の十一面観音のポスター

地蔵堂と大師堂

続いて地蔵堂大師堂に参拝。本堂とともに江戸時代に再建された建物です。

それぞれ地蔵菩薩像、弘法大師をはじめとする歴代上人像を安置します。

安祥寺の地蔵堂と大師堂

現在見ることができるのはここまでです。

山のふもとにある落ち着いた雰囲気のお寺ですが、以前は上のほうまでお堂が広がっていたことを知ると、少しさびしい気がしますね。

かつての壮大な安祥寺を感じるには、いまも伝わる寺宝がここ京都に残っています。

そのひとつが、最初に御朱印を紹介しました五智如来坐像です。

京都国立博物館の五智如来坐像

金剛界の五仏・五智如来坐像は、かつては安祥寺の多宝塔に安置されていました。

多宝塔は明治時代に焼失しましたが、仏像はそれ以前から京都国立博物館に寄託されており、難を逃れました。

創建時のものと推定される五仏は、国内に残るいちばん古い五智如来像とのこと。2019年には国宝に指定され、現在は5躯ならんだ姿を見ることができます。

京都国立博物館

御朱印をいただきましたので、後日京都国立博物館に行ってきました。

数多くの名宝を展示する博物館ですが、なかでも大きくどっしりとした五智如来坐像は存在感あり。大日如来を中心に並ぶ五仏、堂々とした風格を感じました。

意外と京博のトラりんのブログが写真多く、詳しかったのでおすすめです。

彫刻展示室の新しい顔「五智如来坐像」だリン♪

同じく京都にある、東寺(教王護国寺)の観智院にある五大虚空蔵菩薩像。こちらももとは安祥寺にあった仏像で、創建の恵運が唐から招いたものと伝わります。

2019年には、東京国立博物館の特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」にも出品されました。孔雀や馬などの上に鎮座する五仏、わたしも大好きな仏像のひとつです。

toji.or.jp

こんな立派な仏像の数々を安置するお堂があったかと想像すると、やはり安祥寺のすばらしさを感じずにはいられません。

五智如来坐像と五大虚空蔵菩薩像、どちらも見ごたえのある仏像です。機会ありましたらどうぞおまいりください。

あわせて行きたい 近くの寺社めぐり

毘沙門堂門跡

安祥寺より琵琶湖疎水沿いを東に進むと、毘沙門堂があります。枝垂れ桜や紅葉が美しく、カラフルな御朱印も人気の門跡寺院です。

内部の公開もされていますので、あわせてご参拝されてはいかがでしょうか。

参考・このときの参拝ルート

毘沙門堂安祥寺→長楽寺

基本情報

吉祥山 安祥寺

所在地:京都府京都市山科区御陵平林町22
拝観時間:不明
公式サイト:なし