花鳥参拝帖

見どころと御朱印・置物おみくじ・ときどき仏像

【長楽寺の見どころと御朱印】御開帳は天皇代替わりのときだけ! 令和の参拝

京都の長楽寺

京都の丸山公園東にある長楽寺。御本尊は秘仏ですが、天皇御即位のときのみ開帳されます。このたび令和の御開帳にあわせて参拝しました。

長楽寺の御朱印

洛陽三十三所の御朱印

長楽寺の洛陽三十三所の御朱印

京都の観音菩薩をめぐる洛陽三十三所観音霊場・第7番札所の御朱印です。

御開帳限定の御朱印

長楽寺の准胝観音の御朱印

御本尊の准胝観音の御朱印です。

長楽寺の見どころ

長楽寺は延暦二十四年(805)桓武天皇の勅命により、伝教大師・最澄によって開かれた天台宗の別院がはじまり。その後、室町時代に国阿上人に譲られ、時宗に改まりました。現在寺に隣接する大谷祖廟や丸山公園の大部分も、もとは長楽寺の境内であったそうです。

長楽寺の門

令和改元直後の休日はものすごい人出で参道の入り口まで行列がありました。その長さに一度は参拝を断念、ゴールデンウィーク明けに改めてチャレンジしました。さすがに行列はなかったですが、それでもたくさんの人ですね。

受付で拝観料を納め、御朱印帳を先に預けます。御開帳の本堂にいよいよ参拝です。

秘仏・准胝観音菩薩の御開帳

門からは山にそって石段を上ります。ほどなく本堂に到着、青もみじも映えて美しい。そのまま堂内まで入っておまいりできました。

中央の御厨子に安置する本尊は准胝観音菩薩像。ありがたくも近くまで寄って拝観。しかし目が悪いので若干おぼろげ(いつものことです…)

整ったお顔、小ぶりですがたくさんの細い手、胸の前で印を結ぶ手からは結縁の紐が堂外に繋がります。動きのある二匹の龍の上に立ち、舟形の光背を持ちます。同じく龍をあしらえた立派な御厨子とあわせて、どことなく上品な雰囲気。厨子は東福門院・徳川和子の御寄進です。

係のかたの説明によると、最澄が入唐のときに海難にあい、暴風のなか船上で祈願をすると、二頭の龍と准胝観音があらわれ難をよけることができたとのこと。無事に帰朝したのち、みずからこの観音像をきざみ、御本尊とされたと伝わります。

そして本堂の脇には布袋尊。土をこねたままの焼いていない泥像はめずらしく、素朴な作り。大きな口を開け、気持ちよく笑っていらっしゃいます。

続く令和の時代も穏やかで平和な世の中でありますように。この布袋様のように笑顔でいられたらと願います。

相阿弥の作の庭園

長楽寺の庭

順路にしたがって入ったのは客殿。建物からは美しい庭池を見ることができます。こちらは室町時代、相阿弥の作庭。銀閣寺の庭の試作ともいわれています。そういわれたら銀閣寺のほうも行って比べたくなりますね。似ているのでしょうか?

ちょうど庭には日が当たり、池が明るく反射しています。座敷に座ってゆっくりながめたい気分ですが、たくさんの人でしたので次に進みます。

建礼門院ゆかりの寺宝 特別拝観

続いて収蔵庫にまいります。こちらでは仏像をはじめ、さまざまな寺宝が展示されています。毎年4月1日~5月10日には特別展があり、貴重な原本も見ることができます。

なかでも歴史を感じるのが安徳天皇御衣幡。建礼門院ゆかりのものです。平清盛の娘・建礼門院は壇ノ浦の戦いで入水されるも助けられ、その後長楽寺に入り出家されました。また建礼門院と高倉天皇との子・安徳天皇は同じく壇ノ浦の戦いで入水され、わずか八歳で亡くなりました。その今わのきわまで召されていた形見の衣をみずから幡として縫われ、菩提を弔われたと伝わります。

ほかにも墨で塗り隠された建礼門院の御影など。遠く感じていた歴史が急に現実的になるような、不思議な感覚がします。

仏像好きのわたしがおすすめするのは一遍上人像。重要文化財で運慶の作風を伝えます。仏像の種類のなかでも上人像は地味な存在(とわたしは思う)のですが、よく見ると個性があっておもしろいです。一遍上人像は粗末な衣をまとい、頬がこけているのがデフォルトだそうですよ。個性際立ちすぎる…!

長楽寺の滝

さらに収蔵庫より上方にある平安滝、石垣に掘られた仏像も良いです。苔むした石仏、時とともに、いつか見えなくなっちゃうのかな。

長楽寺の石仏

今回は特別拝観でたいへんな賑わいでしたが、ふだんは落ち着いて四季折々を楽しめるお寺です。また季節を変えて参拝したいと思います。

あわせて行きたい 近くの寺社めぐり

京都の大谷祖廟

長楽寺のすぐ南側には親鸞聖人の墓所・大谷祖廟があります。真宗大谷派の根本ともいえる神聖な場所です。境内自由に入ることができますので、あわせてどうぞ。

参考・このときの参拝ルート

毘沙門堂安祥寺→長楽寺

基本情報

黄台山 長楽寺

所在地:京都府京都市東山区円山町626
拝観時間:9:00~17:00
公式サイト:http://www.age.ne.jp/x/chouraku/