花鳥参拝帖

参拝した寺社の見どころと御朱印・おみくじの紹介

【福禄寿のおみくじ】都七福神・福禄寿のお寺|京都 赤山禅院のおみくじ

日本最古の七福神めぐりといわれる、京都の都七福神。福禄寿をまつる赤山禅院は、京都御所の表鬼門をまもります。

福禄寿神のお姿みくじ

京都の赤山禅院のおみくじ

木製、小さめサイズの置物型おみくじです。手書きのお顔、白い眉毛や髭がなんとも味わいあります。

おおらかな表情に、こちらまで笑顔になってしまいますね。

赤山禅院のおみくじ後ろ側

後面は「赤山」の文字。側面には「福」「寿」と、縁起の良い文字が入っています。

赤・黄・緑・紫の4種類色違いがありましたので、わたしは黄色と紫色を選びました。

福禄寿神のお姿おみくじ

おみくじの紙は下側から取り出します。

取り出しやすいように、お寺ではピンセットが用意されていました。不器用さんにはありがたい…!

赤山禅院とは どんなお寺?

赤山禅院の門

比叡山延暦寺の別院である赤山禅院は、天台宗のお寺です。

仁和四年(888)に天台座主(延暦寺の住職)安慧が、唐の赤山にあった泰山府君(赤山大明神)を勧請して建立。創建は師の慈覚大師・円仁の遺命であったと伝わります。

御本尊の泰山府君は、日本では陰陽道の祖神とされます。

お寺は京都御所の東北の方角・表鬼門にあり、古来より方除けの神として信仰がありました。いまも拝殿の屋根には鬼門除けの猿がまもります。

赤山禅院の境内

境内ほかにも、門のようにくぐっておまいりする大きな数珠、三十三観音・十六羅漢の苔むした石像も印象的。参道には楓が多く、新緑や紅葉の季節も美しいことでしょう。

仲秋の名月にはぜんそく封じの加持祈祷「へちま加持」が、11月23日には「珠数供養」の行事も行われます。

都七福神・福禄寿

赤山禅院の福禄寿殿

七福神信仰は、室町時代の京都よりはじまったといわれます。七福神をまつる寺社をめぐると縁起が良いとされ、七福神めぐりは全国に広がりました。

赤山禅院では境内奥の福禄寿殿に、福禄寿神をまつります。

お寺では御本尊・泰山府君を人格化し、幸福・高禄・長寿の三徳をあたえられた神とされます。

となりにある授与所では、御朱印がいただけます。御本尊と福禄寿の2種類、まったく違う字体で書かれるのが良き。

おみくじとともに、参拝の記念にどうぞ!

おみくじを引くには

赤山禅院のおみくじ処

七福神・福禄寿のおみくじは、福禄寿殿お隣の授与所でいただけます。また境内にある無人の場所でも引くことができました。

おみくじはひとつ500円のお納めになります。

ほかにも引きたい 七福神のおみくじ

京都の松ヶ崎大黒天

都七福神のひとつ、松ヶ崎大黒天でも置物型のおみくじがあります。

こちらの大黒天おみくじは張り子製です。

www.hanatori-sanpai.com

同じく、弁財天をまつる六波羅蜜寺

四柱推命学をもとにした「開運推命おみくじ」が有名ですが、陶器製の弁財天おみくじも引けます。

www.hanatori-sanpai.com

基本情報

赤山禅院

所在地:京都府京都市左京区修学院開根坊町18
拝観時間:9:00~16:30
公式サイト:http://www.sekizanzenin.com/