花鳥参拝帖

参拝した寺社の見どころと御朱印・おみくじの紹介

【御神鶏みくじ】夜明けを告げるニワトリ|奈良 石上神宮のおみくじ

日本最古の道「山の辺の道」にある古社・石上(いそのかみ)神宮。境内では多くのニワトリが自由に動き回り、参拝者を楽しませています。

御神鶏(ごしんけい)みくじ

石上神宮の御神鶏みくじ

赤いトサカに黄色のくちばし、丸っこい形がかわいらしい置物型のおみくじです。体の横には神社の名前が入っています。

くちばしと尾っぽは少し上向きに。モコモコとした羽の表現が入れられているあたり、なかなか細かいですね。

御神鶏みくじの正面

素材は素焼きの陶器製。おみくじの紙は下にある穴の中に収められており、赤い紐を引いて取り出します。

わたしが参拝したときは、白色と橙色の2種類でした。時期によって色違いがあるかも?

石上神宮とは どんな神社?

石上神宮の楼門

石上神宮は大和・布留山のふもとにある古社。豪族・物部氏の総氏神として信仰されました。

主祭神は布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)、こちらは御神体である布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)に宿る御霊威であるとのこと。

国譲り神話に登場する武甕雷神(たけみかづちのかみ)が持っていたものであり、神武天皇が東征の際に危機を救われた神剣と伝わります。

かつて石上神宮には本殿はなく、御神体を埋めた地を崇拝の対象としていました。現在建つ拝殿は国宝、楼門は重要文化財に指定されています。

石上神宮の拝殿

神社に伝わる宝物のひとつとして、有名なものが七支刀。剣の左右に小枝が段違いに突き出るような特異な形で、表裏には銘文が刻まれています。古代に百済から献上されたものと考えられており、こちらも国宝に指定されています。

2020年の初めには、東京国立博物館で公開がありました。見たかった…!

www.tnm.jp

石上神宮とニワトリ

石上神宮の鳥居前のニワトリ

鳥居をくぐるとまず、種々さまざまなニワトリの姿に驚きます。その数、約30羽。境内のいたるところで自由に過ごしています。

いまから40年ほど前に奉納されたものが、自然に繁殖したそう。種類は東天紅、烏骨鶏など。赤いトサカ、色鮮やかな長い羽、さながら伊藤若冲の群鶏図のようです。

石上神宮のニワトリ

この日は小雨がちの天気のせいか、静かに固まり気味。屋根のあるところで雨宿りしているニワトリも。晴れているときは、もっと活動的なのかもしれません。

石上神宮のニワトリ

ニワトリは夜明けを告げる鳥として、古来より神聖なものとされてきました。『古事記』の天岩戸神話では「常世長鳴鳥」と記されて登場。神の使いとしても崇められるように。

縁起の良い鳥・ニワトリのおみくじ、参拝の記念にぜひ引いてみてください。

おみくじを引くには

御神鶏みくじは、楼門を入って左側にある授与所で引くことができます。初穂料は500円になります。

ニワトリモチーフの授与品は、ほかにも御神鶏絵馬などもあり。七支刀がデザインされた御神劔守や御朱印を受けられるのもおすすめです。

石上神宮の御朱印

基本情報

石上神宮

所在地:奈良県天理市布留町384
拝観時間(楼門の開閉時間):5:30~17:30(※季節により変動)
公式サイト:http://www.isonokami.jp/