花鳥参拝帖

見どころと御朱印・置物おみくじ・ときどき仏像

【高台寺の見どころと御朱印】豊臣秀吉の妻・北政所ねねゆかりのお寺

京都の高台寺

北政所ねねが秀吉の菩提を弔うために建立したのがはじまりの高台寺。国の史跡・名勝に指定されている庭園など見どころ多く、最近はアンドロイド観音の法話を始めたことでも話題になりました。

高台寺の御朱印

仏心の御朱印

高台寺の仏心の御朱印

「仏心」とは仏のもつ心、また仏の悟りのこと。拝観受付のとなりで受けられる御朱印です(9:00~16:30まで)

この場所には戻れないので、受付を済ませたあとに忘れずいただきましょう。

高台寺天満宮の御朱印

高台寺天満宮の夢の御朱印

高台寺境内にある天満宮の御朱印。天満宮となりの売店でいただけます(9:00~17:00まで)

利生堂の御朱印

高台寺の安心の御朱印

高台寺のアンドロイド観音の御朱印

利生堂でいただける「安心」「アンドロイド観音」の御朱印(9:30~16:30まで)

アンドロイド観音の御朱印は法話のある期間にいただきましたが、ないときでも受けられるようです。

高台寺の御朱印所は以上の3か所。場所により、種類や時間が違うのでご注意。また行事などの時期にあわせて、限定の御朱印も出されているようです。

高台寺の見どころ

高台寺の青もみじ

高台寺は慶長十一年(1606)開創。正しくは高台寿聖禅寺といい、臨済宗建仁寺派のお寺です。「高台寺」という名は北政所の院号「高台院」にちなんで称されているそう。

伏見城から移築した建物などで創建当時は壮観をきわめましたが、度重なる火災にあい、現在は開山堂・霊屋・観月台・表門・傘亭・時雨亭を残します。いずれも重要文化財に指定されています。

境内広く、見どころもたくさんありますので、順路に沿ってご紹介します。

桃山時代を代表する庭園

高台寺の庫裡

ねねの道より境内に入ります。大門をくぐって左に見える建物が庫裡(くり)。さらに左手に行くと拝観入口です。ここより拝観は有料になります。

受付を済ませ、順路の通り進むと遺芳庵(茶室)が見えてきます。こちらでは定期的にお茶会が開かれている模様。

さらに進むと、池を渡すように屋根のついた楼船廊が。これが観月台です。

高台寺の観月台

特徴的な唐破風の屋根があるところがわかるでしょうか? ここから月をながめていたそう。日本庭園に浮かぶ月…さぞや風情のある眺めでしょうね。

庭園は小堀遠州の作。ふたつの池を中心とした池泉回遊式の庭園で、桃山時代を代表するものとして知られています。その石組みは力強く、実に見事…だそうですが、どうもわたしは庭園よくわからず、さらりと流してしまいがち…(今回も写真振り返ればアオサギばかり。石組みどうした!)

高台寺のアオサギ

勉強しなければと今ごろ反省しつつ、気を取り直して方丈にあがります。ここがいわゆる本堂的な位置付けで、御本尊・釈迦如来が安置されています。

建物の前には、美しい白砂の庭が大きく広がっています。参拝のかたもゆったりと座り、景色を眺めていました。なんとなく心が落ち着く風景です。

高台寺の方丈

木像をまつる開山堂・霊屋

庭園の中心に建つ開山堂は、高台寺開山の三江紹益禅師の木像をまつるお堂。北政所の兄の木下家定とその妻・雲照院、普請に尽力した堀直政の木像も安置されています。

その開山堂と龍の背のような廊下(臥龍廊)でつながっている建物が霊屋(おたまや)

高台寺の霊屋

秀吉と北政所の木像をまつる神聖な場所です。それぞれの像を安置する須弥壇・厨子の扉には華やかな蒔絵がほどこされ、高台寺蒔絵と称されています。

北政所はこの像の地下に葬られているそうです。きらびやかな装飾のお堂にただよう、おごそかな雰囲気。独特の空気を感じます。

千利休ゆかりの傘亭・時雨亭

高台寺の傘亭

さらに順路を進みます。少し高い場所に見えてくる茶室が、傘亭時雨亭です。傘亭は屋根に竹が放射状に組まれ、唐傘に見えることからこの名がつけられたとか。二階建ての時雨亭とは土間廊下でつながっており、どちらも千利休の意匠によると伝わっています。

高台寺の境内は庭園や茶室・竹林など、日本ならではの風景が多い印象です。外国の観光客でにぎわっているのも納得ですね。

高台寺の竹林

有料の拝観場所はここまでになります。

高台寺の鎮守社 高台寺天満宮

お寺の境内ですが、天満宮があります。こちらは北政所が崇拝していた綱敷天満宮より勧請、高台寺の鎮守社としたもの。

高台寺天満宮

右手に売店があり、天満宮の御朱印はこちらでいただけます。オリジナルの御朱印帳や、秀吉とねねちゃんのおみくじもあり。参拝の記念やお土産にいいですね。

おみくじについてはこちらの記事も参考にどうぞ。

www.hanatori-sanpai.com

新しい時代の法話 アンドロイド観音

天満宮より駐車場をはさんで南、少し離れた場所に建つのが利生堂。比較的新しいお堂で、内部は色鮮やかな大涅槃壁画でぐるりと囲まれています。こちらも御朱印の授与所ですので、最後にいただきましょう。

隣接する教化ホールでは、アンドロイド観音マインダーの御開帳と法話を聞くことができます(※期間限定)

「人ではなくアンドロイドが法話をするなんて」と、当初はさまざまな物議をかもし、話題になりました。

高台寺のアンドロイド観音

せっかくなので、わたしも実際に体験。プロジェクションマッピングとともに、般若心経についてわかりやすい言葉で語りかけ、説いていきます。

最初はアンドロイドの動きや映像のほうが気になり、やや落ち着かない気持ちで聴いていました。慣れるにつれ、だんだんと違和感がなくなり、話にひきこまれるように。時間にして約30分、最後まで興味深く拝聴しました。

新しいひとつの説法のかたちとして、こういう試みもいいかもしれません。外国のかたも多く参加されていました。

時期や時間が限られていますが、機会があればぜひ体験してみてください。くわしくは公式サイトでご確認ください。またTwitterでも随時情報を発信されています。フォローおすすめです。

鷲峰山 高台寺 (@KodaijiFb) / Twitter

あわせて行きたい 近くの寺社めぐり

高台寺の北には八坂神社、南は八坂の塔や八坂庚申堂などが近く、御朱印もいただくことができます。あわせて巡ってみてはいかがでしょうか。

参考・このときの参拝ルート

六波羅蜜寺西福寺六道珍皇寺八坂庚申堂八坂の塔→高台寺→得淨明院

基本情報

鷲峰山 高台寺

所在地:京都府京都市東山区下河原町526
拝観時間:9:00〜17:30(受付17:00まで)
公式サイト:https://www.kodaiji.com/