花鳥参拝帖

参拝した寺社の見どころと御朱印・おみくじの紹介

【高野山】実際にまわってみた おすすめの見どころ・御朱印めぐり

弘法大師によって開かれた聖地・高野山。御朱印のいただける場所を中心にまとめたおすすめスポット、精進料理などのランチ・お得な切符情報もあわせてご紹介します。

高野山の見どころ

高野山壇上伽藍の根本大塔

高野山は平安時代のはじめ、弘法大師・空海によって開かれた真言密教の修行道場です。町全体がひとつの宗教都市となっており、寺院がたちならびます。

あまり事前に計画を立てないわたしは訪れるたびにとまどい、見どころを逃していました。帰ってきてから「次回こそちゃんと!」と反省しながらもまた繰り返し…。

そんなわたしの覚え書きも兼ねた見どころと御朱印まとめです。あわせて精進料理などのおすすめランチ交通手段お得な切符情報も。高野山はじめてのかたの、お出かけの参考になればうれしいです。

よりくわしい内容・御朱印画像は、それぞれリンクを参照してくださいね。

奥之院

高野山は行っていただきたいスポットがたくさんあるのですが、どれかひとつといわれたら奥之院です。

高野山奥之院の参道

奥之院は弘法大師の御廟をまつる神聖な場所です。長い参道まわりに老杉が高くそびえ、墓碑がならぶ光景は高野山ならではのもの。長い歴史のなか、あつく信仰されたことがうかがえます。

高野山奥之院の御廟橋

御朱印の授与場所は御供所。通常は弘法大師の御朱印が、縁日のときのみ大黒天の御朱印不動明王の御朱印がいただけます。

くわしくは以下の記事をどうぞ。

www.hanatori-sanpai.com

高野山 奥之院

燈籠堂 開堂時間:6:00~17:00
納経所 受付時間:5月~10月 8:00~17:00、11月~4月 8:30~16:30

壇上伽藍

高野山壇上伽藍

奥之院まで行くのはたいへん、というかたは壇上伽藍へ。高野山が開かれてまずつくられたもので、奥之院とともに高野山の二大聖地とされています。

密教の思想にもとづいて建てられ、金堂・根本大塔を中心に多くのお堂が集まります。
(金堂・根本大塔の内部を観るときは、それぞれ拝観料が必要です)

中門、東塔、西塔、国宝の不動堂、御影堂、三鈷の松、高野山の地主神をまつる御社(みやしろ)など、時間があればぜひじっくりと見てまわっていただきたいです。

御供所にて、金堂と根本大塔の御朱印が受けられます。

www.hanatori-sanpai.com

金堂・根本大塔

拝観時間:8:30~17:00
拝観料:500円(小学生以下無料)

金剛峯寺

高野山金剛峯寺の建物

外を長く歩くより内部をじっくり観たいというかたは、高野山真言宗の総本山・金剛峯寺へ。豪華な襖絵でかざられた広間や、豊臣秀次自刃の間が拝観できます。

国内最大級の大きさの石庭「蟠龍庭」、大寺院の裏側・台所も特徴のある見どころです。

高野山金剛峯寺の石庭

御朱印窓口は拝観受付の手前にあります。先に帳面を預けてあとで受け取る方式ですが、混んでいないときはすぐいただけます。

www.hanatori-sanpai.com

高野山 金剛峯寺

拝観時間:8:30~17:00
拝観料:1000円(小学生300円、未就学児無料)

女人堂

高野山女人堂

高野山は明治に入るまで女人禁制でした。山内に入れない女性のために設けられた参籠所が女人堂です。

以前は高野山の7つの入り口それぞれにありましたが、現在は不動坂口のひとつのみ残されています。

高野山女人堂の御朱印

いただける御朱印は3種。堂内にまつられる御本尊の大日如来役行者弁財天です。

女人堂

拝観時間:8:30~17:00
拝観料:無料

徳川家霊台

三代将軍家光によって建立された、江戸時代の代表的な建物。右に家康霊屋、左に秀忠霊屋と並びます。内部は漆や金箔・壁画などで装飾。重要文化財に指定されています。

…と見てきたように書いていますが、すみません、ここだけ未参拝です。御朱印もいただけるので、今度行ってきます!

徳川家霊台

拝観時間:8:30~17:00
拝観料:200円(小学生以下無料)

大師教会

高野山大師協会

大師協会の大講堂は、大正時代に高野山開創1100年を記念して建てられました。御本尊に弘法大師をまつります。

こちらでは法会や儀式などが行われるほか、檀信徒向けの授戒も受けられます(授戒料1000円)

受付で御朱印をお願いして待つあいだ、大講堂に参拝します。

高野山大師協会の御朱印

毎度時間に余裕なく、授戒は未体験です。機会をみて、受けてみようと思います。

大師教会

拝観時間:8:30~17:00
拝観料:無料

霊宝館

高野山霊宝館

高野山内の文化遺産を保存・展示する施設として、大正十年(1921)につくられました。

開館当時に建てられた本館は、日本で現存する最古の木造博物館建築。有形文化財に登録されています。建物自体に独特の雰囲気があり、展示とあわせて楽しめる博物館です。

収蔵されるのは絵画・彫刻、工芸品や書跡など。国宝・重要文化財など指定文化財が約28000点、そのほかも50000点以上にのぼり、企画展・常設展などで順次公開されています。

すばらしい宝物ばかりでどれを紹介しようか迷いますが、快慶作の執金剛神立像・深沙大将立像は躍動感あふれる表現で好きな仏像のひとつです。

じっくり見て回ると、かなりの時間を消費しますのでご注意。

高野山霊宝館の御朱印

霊宝館でいただける御朱印です。入場時に帳面を預け、帰りに受け取ります。

2021年は霊宝館開館100周年記念ということで、記念大宝蔵展が開かれています。特別御朱印もいただけるようですよ。

高野山霊宝館開館100周年記念特別朱印のお知らせ

霊宝館

拝観時間:5月~10月 8:30~17:30、11月~4月 8:30~17:00
拝観料:大人1300円、高校・大学生800円、小・中学生600円
公式サイト:http://www.reihokan.or.jp/

大門

高野山大門

高野山の総門、大門です。高さは約25メートル。現在の門は宝永二年(1705)に再建されたもの。両脇には金剛力士像がにらみをきかせます。

御朱印などいただける場所ではありませんが、高野山を象徴する結界の門はやはり見ていただきたいスポットです。

山内寺院

高野山苅萱堂

高野山には100を超す数の寺院があります。宿坊も多く、宿泊したり精進料理をいただいたり、御朱印も受けられます。

有名な苅萱堂をはじめ、少しずつめぐっていますので、くわしくは以下の記事をどうぞ。

www.hanatori-sanpai.com

高野山のランチ

精進料理

高野山の精進料理

高野山ならではの食事といえば、精進料理。通常は宿坊に泊まった際にいただきますが、ランチでも食べることができます。

宿坊で食事をする場合は、3日前までの予約が必要。それぞれの宿坊施設に直接予約、もしくは高野山宿坊協会に予約します。

高野山宿坊協会 公式サイト

宿坊にもよりますが、サイトがあったり、ネットで申し込みのできるところも。

ちなみにわたしが利用した福智院は、楽天トラベルで予約ができました。

高野山温泉 福智院 日帰りの昼食・夕食【楽天トラベル】

宿坊にこだわらないのであれば、山内にある食事処でもいただけます。これから行きたいところも含めて、いくつかリンクをあげてみましたのでご参考までに。

花菱
https://www.hanabishi-web.jp/

精進Dining桐宝珠(一の橋観光センター内)
https://www.ichinohashi.co.jp/

中央食堂さんぼう
https://www.wakayama-kanko.or.jp/spots/396/

釜めし

つくも食堂
https://tabelog.com/wakayama/A3001/A300103/30000336/

ごま豆腐

角濱ごま豆腐総本舗
http://www.gomatohu.com/

みなさんもおすすめありましたら、どうぞ教えてください!

高野山へのアクセス・交通・お得な切符

高野山内を車でまわる場合、土日や紅葉の時期などは渋滞・駐車場が混みあうときがあります。駐車場は一部有料の場所もありますが、中の橋・金剛峯寺前・霊宝館前・中門前など、だいたいのところは無料です。

公共交通機関では、南海電鉄(電車+ケーブル+バス)になります。

高野山駅のケーブルカー

南海電鉄の「高野山・世界遺産きっぷ」

割引往復乗車券、山内バス2日フリー乗車券、金剛峯寺・金堂・根本大塔・霊宝館の割引券などがついてお得です。

高野山・世界遺産きっぷ|南海電鉄

共通内拝券

金剛峯寺金堂根本大塔徳川家霊台大師教会での授戒料が入って、2500円です。(小学生以下は対象外)

通常では、拝観料合計は2200円+授戒料1000円なので、授戒まで受けるかたはお得になります。霊宝館が含まれていないのが残念…。

購入は高野山宿坊協会案内所にて。

高野山宿坊協会 公式サイト

高野山めぐりマップ

以上、かんたんに高野山情報をまとめてみました。また参拝機会ありましたら、追記していきますね。