花鳥参拝帖

見どころと御朱印・置物おみくじ・ときどき仏像

【西福寺の見どころと御朱印】冥界との境目 六道の辻の子育地蔵尊

京都の西福寺

京都六道の辻にある西福寺。弘法大師御自作とされる地蔵尊や、檀林皇后の九相図などが伝えられています。この地は古くは風葬地・鳥辺野の入口にあたり、現世と冥界の境目ともいえる場所でした。

西福寺の御朱印

西福寺の御朱印

御朱印は書き置き。墨書きは印刷ですが、参拝日を書き入れていただきました。

西福寺の見どころ

西福寺の表

西福寺は正式には桂光山敬信院といい、浄土宗の寺院です。六波羅蜜寺の北「六道の辻」の標石がある角に入り口があります。

境内は小さくまとまっており、門を入ってすぐ右手の建物が本堂。阿弥陀如来を御本尊とされます。わたしが訪れたときは障子戸が薄く開き、仏間が少しだけ拝観できる状態でした。外から手をあわせて参拝します。

お堂の右上のほうには絵額が奉納されています。なんとなく劇画調で味のある扁額だったのですが、写真を撮り忘れました…はい、うっかりよくやります。ぜひ現地でご確認ください。

子供の成長を守る 子育地蔵尊

その絵額や境内にある由来記によると、嵯峨天皇の御代に弘法大師が地蔵堂を建立、みずから作った秘仏の地蔵尊を安置されたのがはじまりとのこと。

お后の檀林皇后もしばしば御参詣、また皇子正良親王が病のときに平癒祈願をされ、無事に成長されたことから子育地蔵尊と呼ばれるようになったそうです。

地蔵堂は本堂のすぐ向かい側。こちらはほかにも不動明王や観音像などが並んでおり、限られたスペースの境内にぎゅぎゅっとつまって据え置かれている印象です。

檀林皇后の九相図

西福寺に伝わる文化財のひとつに檀林皇后の九相図があります。ふだんは非公開ですが、過去には時期を決めて公開されたときもあったようです。

九相図とは、屋外に捨てられた死体が腐り朽ちていくさまを、九段階にわけて描いた仏教絵画。世の中は移り変わる、美しさも時が経てば醜いものになる…そんなこの世の無常を説いているといいます。

檀林皇后はとても美しく、また信心深いひとであったとされ、実際に自身の遺体を打ち捨てさせ九相図を描かせたと伝わります。

わたしは京極夏彦著『巷説百物語』収録の『帷子辻』でその存在を知りましたが、生々しい変貌の表現に衝撃をうけたことを思い出しました。

また公開機会があれば、西福寺の九相図もぜひ観てみたいものです。

あわせて行きたい 近くの寺社めぐり

六波羅蜜寺

西福寺のすぐ南側には六波羅蜜寺、また六道珍皇寺や建仁寺、安井金比羅宮などの寺社も近く、御朱印もいただけます。あわせての参拝をおすすめします。

参考・このときの参拝ルート

六波羅蜜寺→西福寺→六道珍皇寺八坂庚申堂八坂の塔高台寺得淨明院

基本情報

桂光山 敬信院 西福寺

所在地:京都府京都市東山区松原通大和大路東入ル二丁目轆轤町81
拝観時間:不明
公式サイト:なし