花鳥参拝帖

見どころと御朱印・置物おみくじ・ときどき仏像

【八坂庚申堂の見どころと御朱印】くくり猿に願いをかけて

京都の八坂庚申堂

日本における庚申信仰発祥の地、また日本三庚申のひとつともいわれている京都の八坂庚申堂。近年SNSでカラフルなくくり猿を背景にした写真が人気になり、多くの参拝者でにぎわうようになりました。

八坂庚申堂の御朱印

八坂庚申堂の庚申尊の御朱印

「見ざる聞かざる言わざる」三猿の朱印に独特の墨書き。素敵な御朱印ですね。

八坂庚申堂の見どころ

八坂庚申堂は正式には「金剛寺」といい、天台宗のお寺です。

わたしが参拝したのはゴールデンウィーク。はなやかな着物の観光客が多く、入り口からたいへんなにぎわいです。

門をくぐるとすぐ見える、人気のくくり猿にひきつけられますが

「まず本堂へお参り その後 写真撮影自由」

門前や境内にあったこの注意書きどおり、かならず最初は本堂に参拝します。

八坂庚申堂の門

庚申信仰のお寺

本堂にまつられているのは青面金剛(しょうめんこんごう)、庚申信仰の御本尊です。庚申信仰とは中国の道教に由来し、日本の習俗や仏教などとまじりあい発展した民間信仰のひとつ。江戸時代がもっとも盛んだったそうです。

本堂内には、御朱印にもある三猿の像も並んでおかれています。猿は魔よけの神使いとして神社でもよくみかけますが、庚申信仰との関係も深い動物。庚申の「申(さる)」の字からつながった、ともいわれています。

庚申堂の境内ではほかにも、意外な場所に猿がかくれていますよ。おまいりのあとにさがしてみるのもいいですね。

八坂庚申堂の猿

欲望の戒め くくり猿

本堂の脇にもくくり猿がまとまってぶらさげられ、境内全体そのボリュームに圧倒されます。

名物のこの猿、まるっこく愛らしい形をしていますが、実は猿が手足をくくられて動けない姿を表しています。「欲望のままに行動しないように」ということを、自由を封じた猿の姿になぞらえているそう。

それを知ってしまうと、くくられている姿はなんだかつらそう? …いやいや、こんなにたくさんの欲望が戒められているということですよね!

八坂庚申堂の本堂

新しいくくり猿は、本堂むかって左手の場所でいただけます。願いごとを書き、あいているところに自分でくくりつけて奉納します。欲をひとつ我慢することが、願いをかなえるためには大事だそうですよ。ぜひ気に入った猿を選んで願掛けをしてみてください。

御朱印もくくり猿とおなじ場所でいただけます。また猿にまつわるお守りなどもあり、こちらもとてもかわいいらしいです。

f:id:hanatorih:20200524193631p:plain

参拝後の写真撮影は自由にできますが、信仰あるお寺の境内になります。どうぞマナーは守って楽しんでください。

あわせて行きたい 近くの寺社めぐり

八坂の塔法観寺

八坂庚申堂から坂をあがってすぐ、京都東山のシンボル「八坂の塔」法観寺があります。不定期の開門ですが中に入って拝観することができ、御朱印もいただくことができます。タイミングあいましたら是非!

参考・このときの参拝ルート

六波羅蜜寺西福寺六道珍皇寺→八坂庚申堂→八坂の塔高台寺得淨明院

基本情報

大黒山 金剛寺 庚申堂 (八坂庚申堂)

所在地:京都府京都市東山区金園町390-1
拝観時間:9:00〜17:00
公式サイト:なし