花鳥参拝帖

参拝した寺社の見どころと御朱印・おみくじの紹介

【アマビエみくじ】疫病退散の願いをこめて|かわいい妖怪のおみくじ

その昔、海の中から現れ、疫病の流行を予言したと伝わる妖怪・アマビエ。縁起物の置物にもなるおみくじのご紹介です。

アマビエみくじ

アマビエのおみくじ

長いピンク色の髪、きらりと光る眼、くちばしのようにとがった黄色い口。

耳の部分はヒレのような形になっています(「ヒレ耳」というらしいと、今回この記事を書くために調べて初めて知りました)

アマビエのおみくじ横から

身体はヒレと同じ黄緑色。うろこのような波型模様が入れられています。アマビエ、意外と胸大きくないですか…。

髪の長さと胸のせいか、なんとなく女の子のようなかわいらしさがありますね。

足は少しわかりにくいですが、ちゃんと3本表現されています。

アマビエのおみくじ後ろ

背中には「疫病退散」の文字。おみくじの紙は、下から出ている赤い紐を引いて取り出します。

この色合いがスタンダードのようですが、SNSなどを見ると色違いもあるみたい。また欲しくなりますね~!

アマビエとは?

ここで説明するまでもなく、今となっては知らないひとはいないほどの人気を誇るアマビエ。江戸時代、肥後国の海に現れたと伝わる妖怪です。

肥後国海中の怪・アマビエの図
『肥後国海中の怪(アマビエの図)』出典:京都大学附属図書館

「疫病が流行ったときは、わたしの姿を描き写して人々に見せなさい」と言い残し、海に帰ったといいます。

2020年、新型ウイルスの感染が広がるなか、SNSを中心に疫病退散のアマビエイラストを描くことが流行。これをきっかけにさまざまな作品・商品が作られるようになりました。

アマビエは一見して特徴がわかりやすく、また愛らしい姿をしているところが人気の理由かもしれません。

もともとは「予言する妖怪」との位置付けでしたが、現在は「疫病除けの妖怪」として、日本全国に広く知られています。

疫病除けとしてのアマビエ

村屋坐彌冨都比賣神社の御朱印とおみくじ

疫病除けの象徴となったことから、アマビエは神社やお寺でも多く見られるようになりました。御朱印をはじめ、お札やお守りなどの授与品、てぬぐいやストラップのグッズ、などなど…。ご利益ある縁起物として求めるかたは多く、いまも絶えることはありません。

当初は「神様・仏様をまつるところで妖怪?」との声も聞かれましたが、疫病退散を願う気持ちは同じというところでしょうか。現在はどちらの寺社でもすっかりお馴染みとなりました。

アマビエのおみくじが出るのも、当然の流れだったのかもしれませんね。

おみくじを引くには

紹介したアマビエのおみくじは、奈良・田原本町の村屋坐彌冨都比賣神社(村屋神社)にて授与いただきました。初穂料は500円です。

ほかにもオリジナルのアマビエ御朱印・うちわやストラップのグッズもあり。くわしくは公式サイトをごらんください。

村屋坐彌冨都比賣神社 公式サイト

参拝については、こちらの記事もどうぞご参考に。

www.hanatori-sanpai.com

SNSなどで検索すると、同じアマビエおみくじは全国さまざまな寺社で見ることができます。

わたしは村屋神社でしかお目にかかっていないのですが、また直接出会ったときはこちらに追記しますね。

くれぐれも感染対策には気をつけて、良いご縁がありますように!