花鳥参拝帖

参拝した寺社の見どころと御朱印・おみくじの紹介

【閻魔みくじ】怖くてかわいい?|京都 六道珍皇寺のおみくじ

「閻魔」とは地獄の王。死者の生前の罪を裁く裁判官でもあります。六道珍皇寺では、閻魔大王をモチーフにした「閻魔みくじ」を引くことができます。

地獄の王がおみくじになると…あら、けっこうかわいらしいかも?

閻魔みくじ

六道珍皇寺の閻魔のおみくじ

赤い顔、ひょろりとのびた髭。眼と眉をつりあげて、睨みをきかせています。

頭にはトレードマークの冠。右手には、ちゃんと笏も持っていますね。

六道珍皇寺の閻魔のおみくじ後ろ

黄緑色の衣装、背中にはお寺の名前が入っています。

おみくじの紙は下から出し入れするタイプ。小さめですがしっかりとした陶器製、つやのある置物型のおみくじです。

おどすような顔をしていますが、こんな閻魔様なら怒られてもこわくないですね。

六道珍皇寺とは どんなお寺?

六道珍皇寺

京都の六道の辻、古くよりあの世とこの世の境ともいわれてきた地に建つ六道珍皇寺。

閻魔庁につとめていた小野篁が、冥界への行き来に使ったという冥土通いの井戸など、伝説めいた見どころのあるお寺です。

特徴のある字体の御朱印も人気。行事にあわせ、期間限定のものも多く出されています。

六道珍皇寺の見どころや御朱印については、こちらの記事もどうぞご参考に。
www.hanatori-sanpai.com

六道珍皇寺と閻魔大王

六道珍皇寺の閻魔堂

本堂の手前に閻魔堂があります。こちらでは小野篁像とともに、閻魔大王像を安置します。

お寺のシンボル的な存在のこの像が、閻魔みくじの由来と思われます。迫力のある閻魔大王像、おみくじをいただく前にぜひおまいりください。

ほかにも六道珍皇寺では、閻魔をモチーフにしたグッズが多数あります。なかでもインパクトあるのが、閻魔大王像表紙の御朱印帳。ストラップもかわいいですよ。

閻魔大王の御朱印も受けられる時期がありますので、タイミングあいましたらあわせてどうぞ。

おみくじを引くには

「閻魔みくじ」は、特別拝観のときに授与いただきました。

六道珍皇寺では定期的に、特別拝観できる期間があります。このときは、ふだんは上がることのできない本堂内を観ることができます。(※要拝観料)

冥土通いの井戸のあるお庭を近くで見たいかたも、特別拝観のときがおすすめです。

六道珍皇寺の冥土通いの井戸

通常でも、閻魔堂のある境内は自由に参拝できます。

御朱印やお守りなどの授与品は、勝手口のインターホンを押してお願いできますが、おみくじが引けるかは不明です。

特別拝観の期間については公式サイトにて、くわしく告知されています。気になるかたは、事前にチェックされるのが確実です。

ほかにも引きたい 閻魔のおみくじ

京都では、ほかにも閻魔のおみくじが引けるお寺があります。

上京区にある引接寺「千本ゑんま堂」。御本尊は閻魔王です。

千本えんま堂の閻魔のおみくじ

六道珍皇寺のものより、少し大きめの置物おみくじになります。

お寺の名前は入っておらず、オリジナルのものではないですが、これもかわいらしい…といっては、また怒られてしまいますかね。

同じ閻魔つながりとして、機会ありましたらあわせてどうぞ!

www.hanatori-sanpai.com

基本情報

大椿山 六道珍皇寺

所在地:京都府京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町595
拝観時間:9:00〜16:00
公式サイト:http://www.rokudou.jp/