花鳥参拝帖

参拝した寺社の見どころと御朱印・おみくじの紹介

【みちびき犬みくじ】弘法大師を導いた神犬|和歌山 丹生都比売神社のおみくじ

紀伊国一之宮・丹生都比売(にうつひめ)神社の「みちびき犬みくじ」。高野山へ弘法大師を導いたという、神使いの犬です。白犬と黒犬、ただの色違いではありませんヨ。

みちびき犬みくじ

丹生都比売神社のみちびき犬みくじ

くりっとした目に、赤い首輪。丸っこい体をしており、耳の形で一見ネコと勘違いしました。

干支のおみくじでもありそうな、スタンダードなデザインの犬みくじです。

おみくじの紙は赤い紐を引いて、置物の下より取り出すタイプ。背中には、神社名の印が入っています。

みちびき犬みくじの後ろ

白犬と黒犬、さてどちらの犬みくじを引きましょうか。わたしはとくに理由もなく、黒犬のおみくじを引きました。

その後どうしても気になって、白犬のおみくじのために再び参拝することに。その理由とは…(つづく)

丹生都比売神社とは どんな神社?

和歌山の丹生都比売神社

高野山への入口にあたる場所に鎮座する丹生都比売神社。「天野大社」とも呼ばれる由緒ある神社です。昔は高野山への参拝前に、こちらにおまいりするのがならわしであったといいます。

まつられる丹生都比売大神は、天照大神の妹神・稚日女尊(わかひるめのみこと)ともいわれる神様で、紀の川流域の人々に農耕や糸紡ぎ・機織りなどを広めたと伝わります。

全国の丹生都比売神をまつる神社の総本社であり、世界文化遺産にも登録されています。

外鳥居をくぐると、美しい太鼓橋があり。もとは神様のための輪橋ですが、参拝者も渡ることができます。撮影スポットとしても人気の場所です。

丹生都比売神社の太鼓橋

高野山へ弘法大師を導いた犬

千二百年前、弘法大師・空海は黒と白の犬を連れた狩人によってこの地に導かれ、真言密教の総本山・高野山を開きました。狩人は丹生都比売大神の御子である、高野御子大神(狩場明神)であったと伝わります。

参拝後、家に帰ってこの由緒書を読んだとき、わたしは激しく後悔したのです…

「黒犬だけじゃ、ダメだったんだ!」

…いや、ダメなことはないですよ、おみくじなんですから。

思えばこれが、置物おみくじ沼にはまるきっかけだったのかもしれません。

どうしても二匹そろえたくなったわたしは、翌年に白い犬を求め、再び神社を参拝しました。

金のみちびき犬みくじ

…金の犬!? 由緒関係ないやんか!笑

金の犬みくじは、戌年限定のおみくじでした。はい、もちろんそろえましたよ…いただかないと、また後悔すると思ったので。はぁ~、スッキリ!

おみくじを引くには

「みちびき犬みくじ」は、丹生都比売神社の授与所で引くことができます。

毎月16日にある月次祭では、御神犬・すずひめ号を公開。シュッとして、お行儀のよい紀州犬です。カワイイ。

公開時間は10:00~11:30、13:00~14:30と、限られていますのでご注意ください。

この日は通常の御朱印にも犬の印が入ります。参拝の証に、おみくじとあわせていかがでしょうか。

丹生都比売神社の御神犬と御朱印

さらに現在はすずひめ号の子、大輝号とあわせて白黒2頭で御神犬を務めているとのこと。枚数限定ですが、2021年3月末までご神犬特別御朱印もいただけるそうです。

今度は黒犬! 気になる~、これはまた参拝しなければ…!

すっかり犬に導かれている、ハナトリでした。

基本情報

丹生都比売神社

所在地: 和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野230
拝観時間:常時参拝可能(授与所 8:30~16:30)
公式サイト:https://niutsuhime.or.jp/