花鳥参拝帖

参拝した寺社の見どころと御朱印・おみくじの紹介

大神神社【見どころと御朱印】大和の神奈備、日本最古の神社にまいる

奈良の大神神社

大和国一之宮の大神(おおみわ)神社。日本最古の神社のひとつで「三輪さん」の呼び名で広く信仰されます。本殿はなく、拝殿を通して神体山を拝むかたちは、原初の神まつりの姿といいます。

大神神社でいただける御朱印

大神神社の御朱印

大神神社の通常の御朱印


大神神社の授与所でいただける、通常の御朱印です。
「神仏霊場巡拝の道」「大和七福八宝めぐり」の霊場でもあるので、それぞれの御朱印も受けることができます。

また現在は、見開きサイズで左側に御神木と拝殿の日本画が入った、書置きの特別御朱印もいただけるようです。

狭井神社の御朱印

狭井神社の御朱印


摂社の狭井神社でいただける御朱印。神体山の三輪山・御神花のササユリと清らかな水の流れ。神社の特徴がシンプルにあらわされている御朱印です。

久延彦神社の御朱印

久延彦神社の御朱印


末社の久延彦神社でいただける御朱印。この印、石を刻んだものだったような気がします…また今度受けるときに、ちゃんと確認してみよう。

大神神社の見どころ

大神神社といえば、まず大鳥居をイメージされるかたも多いと思います。

高さ32.2メートル、柱間23メートルで、日本一の大きさを誇ります。

大神神社の大鳥居と大和三山

境内にある展望台よりの景色です。黒い大鳥居あるのがわかりますか?

背後にぽこぽこっとある山は大和三山、右から耳成山・畝傍山・天香具山です。

大鳥居は車道から入るところにあるため、最寄りのJR三輪駅からだと残念ながらくぐれません。通常は二の鳥居から参拝します。

祓戸神社

木々に囲まれた参道を進むと、左手に祓戸神社が見えてきます。まずこちらに参拝し、身体と心を祓い清めます。

では縄鳥居をくぐって、拝殿前にまいりましょう。

大神神社の御祭神

大神神社の拝殿

大国主神がみずからの幸魂・奇魂(さきみたま・くしみたま)=幸いをもたらす御魂を三輪山に鎮め、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)の名でまつったのが、大神神社のはじまり。主祭神の大物主大神は国造りの神であり、またすべての産業・人間生活全般の守護神として広く信仰されます。

配祀神には大己貴神 (おおなむちのかみ)、少彦名神 (すくなひこなのかみ)をまつります。

正面に見える建物は拝殿大神神社には本殿はなく、拝殿を通して御神体・三輪山に参拝します。太古の昔より、人々はそうやって神様を拝してきたといいます。

現在の拝殿は徳川家四代将軍家綱の再建。重要文化財にも指定されています。

授与所には、拝殿表紙の御朱印帳もあり。今回、御朱印とあわせて拝受しました。

大神神社の拝殿と御朱印帳

見比べてみると、再現が細かい…!

裏表紙には三輪山と社紋の三ツ杉があしらわれています。ご縁の証にいただくのもいいですね。

大神神社の三ツ鳥居

拝殿の奥、御神体の三輪山との間に立つ鳥居が三ツ鳥居です。明神型の鳥居三つをひとつに組み合わせた、特殊な形をしています。

「三輪鳥居」とも呼ばれるこの鳥居、由来はよくわかっていないそうですが、本殿に代わるものとして神聖視されてきました。

残念ながら拝殿の前からはよく見えないのですが、参集殿にて申し込めば横より見せていただけるとのこと。(※現在は一時的に拝観中止)特徴のある三ツ鳥居、ぜひじっくり見てみたいものです。

数多くはありませんが、埼玉の三峯神社・大阪の坐摩神社などもこの様式です。

いちばん近いところでは摂社の檜原神社

檜原神社の三ツ鳥居

こちらの鳥居はくぐることはできないのですが、特徴のある形がよくわかります。

わたしは時間の余裕のあるときは、大神神社より歩いておまいりしています。所要時間は約20~30分。

この日も参拝しましたので、ご参考にどうぞ。

www.hanatori-sanpai.com

ヘビとウサギ

大神神社の巳の神杉

拝殿より振り返ったところに、杉の木があります。大きすぎて、写真に納まりません…。

これは「巳の神杉」と呼ばれる御神木。大物主大神の化身の白蛇が棲むと伝わります。卵がお供えされているのは、蛇の好物だからなのですね。

もうひとつ、大神神社を象徴する動物としてはウサギもあげられます。神社の例祭である大神祭が、卯の日に始まったことからのご縁といいます。

大神神社のなで兎

こちらは参集殿にある「なで兎」。以前は、一の鳥居前の大灯籠の火袋を守っていたものだそうですよ。忘れずにナデナデ…。(※現在は一時的に参拝中止

授与品として、ウサギの土鈴やお守りもあり。丸っこい形につぶらな瞳、とてもかわいいです。おみくじもあったらいいのに~

摂社 狭井神社

狭井神社の鳥居

次に、摂社の狭井神社に参拝します。

拝殿の北側にあり、参集殿・祈祷殿横のくすり道よりまいるのがわかりやすいです。まわりには薬木・薬草が植えられ、病気平癒・薬の神様をまつる狭井神社ならではの参道になっています。

狭井神社にまつられているのは、三輪の神の荒魂(あらみたま)です。

狭井神社の薬井戸

建物の左手奥に薬井戸。ここから湧き出る御神水は万病に効くといわれ、自由にいただくことができます。

容器忘れた~というかたも大丈夫、社務所ではペットボトル入りの御神水も扱っています。

狭井神社の境内には、三輪山への登拝口もあります。神体山、実は登って直接おまいりすることもできるのです。

狭井神社では申し込みの受付もされています。

三輪山登拝口

登拝は写真撮影・また水分補給以外の飲食は禁止。けっこう勾配きつく、それなりの準備と心構えが必要と聞きます。

入山禁止の日もありますので、くわしくは公式サイトをご確認ください。

末社 久延彦神社

久延彦神社の本殿

御祭神は久延毘古命(くえびこのみこと)。古事記では「山田のそほど」(=かかし)と書かれる田の神。

こちらでは智恵の神様としてもまつられ、受験や学業などのおまいりが多いようです。知恵の象徴として、ふくろうをモチーフとした絵馬や授与品もあり。

境内からは三輪山の頂上の姿を見ることができ、遥拝所が設けられています。

以上、御朱印のいただける三社を中心にご紹介しました。

ほかにも、大神神社には数多くの摂社・末社があります。延喜式神名帳に記載された由緒ある社もありますので、時間があればぜひゆっくりとめぐってみてください。

御神花 ササユリ

大神神社のササユリ

摂社・狭井神社の御朱印にもある、大神神社の御神花のササユリ。境内にはササユリ園があります。

見ごろは5月下旬~6月上旬。この年、わたしが参拝した5/25はつぼみ多く、まだほとんど咲いていなかったです。花はタイミングが難しいですね。

また時期をあわせて参拝したいと思います。

あわせて行きたい 近くの寺社めぐり

檜原神社

大神神社より北へ行くと、摂社・檜原神社があります。大和最古の道といわれる「山の辺の道」を歩いていくのもおすすめです。

参考・このときの参拝ルート

大神神社→檜原神社

基本情報

大神神社

所在地:奈良県桜井市三輪1422
拝観時間:9:00~17:00
公式サイト:http://oomiwa.or.jp/