花鳥参拝帖

見どころと御朱印・置物おみくじ・ときどき仏像

【2020年 大阪の三大夏祭り】中止? それともオンラインで開催? 御朱印とあわせて紹介

大阪の住吉大社

新型ウイルスの影響による行動制限も、少しずつ解除されつつあります。気になる今年の大阪の夏祭りはどうなるのでしょうか。

大阪三大夏祭りとは?

愛染堂勝鬘院(しょうまんいん)の愛染まつり、大阪天満宮の天神祭、住吉大社の住吉祭、この三つの祭りのことを「大阪三大夏祭り」といいます。それぞれの寺社で6月末から8月初めにかけておこなわれ、夏越しの大祓えや秘仏の御開帳、陸渡御・船渡御、奉納花火などの行事で例年多くのひとでにぎわいます。

大阪の夏のはじまり、風物詩ともいえる三大祭り。毎年楽しみにしているかたも、たくさんいらっしゃることでしょう。しかし三密をさけろといわれる今年、はたして開催されるのでしょうか? 同じく楽しみにしている大阪人のわたし、行事の調べとともに過去にいただいた御朱印もあわせて紹介します。

※7/3現在の情報です。予定は変更される場合がありますので、ご了承ください。

愛染堂勝鬘院の愛染まつり

大阪の愛染堂勝鬘院

愛染まつりとは どんなお祭り?

大阪の夏祭りのなかでいちばん早く、6/30~7/2にかけて開催されるのが愛染まつりです。

大阪市天王寺区にある愛染堂勝鬘院は聖徳太子の創建。四天王寺の支院で本尊は秘仏の愛染明王。縁結びや商売繁盛のご利益があり、「愛染さん」とよばれ親しまれる寺院です。

祭りの期間中は、金堂の御本尊と多宝塔の大日大勝金剛尊が特別に御開帳。大祓えや大護摩の法要のほか、演芸大会も開かれます。さりげなくエンタメも組み込まれているのが、大阪らしいかもしれませんね。

愛染堂勝鬘院の本堂

実はこの愛染まつり、一昨年の2018年より大幅に規模が縮小されました。露店で売られるものから出たごみの散乱、また暴走族・マナーのない参拝客がさわぐなどの騒音が問題になったのが原因です。結果、露店は全店見送り、宝恵(ほえ)かご行列も中止になりました。多くのひとが集まる人気の行事でしたので、主催者側も苦渋の決断だったことでしょう。

愛染堂勝鬘院の愛染祭の御朱印

昨年の2019年、愛染まつりでいただいた御朱印です。現在、通常は右の御本尊の御朱印と聖徳太子の御朱印が受けられます。

縮小後の愛染まつりでは屋台もなく、ふだんの祭りイメージからすると少しさびしい感じを受けます。そのぶん御開帳やおまいり・祈祷など、もともとの行事としての祭りをしっかり認識できたように思います。「本来の祭りの姿に立ち返りたい」というお寺の姿勢には、おおいに納得できました。

今年の愛染まつりは

気になる2020年の愛染まつりですが、なんとオンラインで開催されます。

aizenmatsuri.osaka

新型ウイルスの影響で外出の自粛があった3月末~5月、さまざまなリモート参拝の試みがありました。オンラインでの見仏や法要、遥拝での御朱印授与にも驚かなくなりましたが、とうとう祭りまでオンラインになるとは!

…といいつつ、いまひとつ具体的に想像できないあなた。大丈夫、わたしもです。笑

ここで今年の愛染娘のひとりにも選ばれている、よねはらうさこさんのツイートに助けてもらいましょう。

わかりやすいですね! これならわたしも参加できそうです。がぜん乗り気になってきました。

・基本は、特設サイトよりライブ配信される行事・法要の視聴

インスタなどSNSで「#愛染娘2020」ハッシュタグをつけ、浴衣姿を投稿

さらに、より積極的に参加するには

クラウドファンディングで護摩祈祷の申し込み、御朱印・お守りなどの授与品をいただく

ということで、わたしもプロジェクト支援してきました。手ぬぐいやTシャツのグッズも素敵。募集は6/26までなので、気になるかたはお早めにどうぞ。

日本最古の夏祭り 大阪「愛染まつり」をオンラインで開催したい!

祭り期間はオンラインで仏像におまいり、法要など見守りつつ参加したいと思います!

6/30 追記

祭期間中、特設サイトよりオンライン祈祷の申し込みができます。7/2 12:00までの受付です。


また現地では祭の規模を最小限にして開催。通常通りの参拝、御朱印・お守りなどの授与品もいただけるそうです。無理のない範囲でオンラインとあわせておまいりください。

大阪天満宮の天神祭

大阪の大阪天満宮

天神祭とは どんなお祭り?

次に催されるのが天神祭。日本各地の天満宮(天神社)でとり行われる祭りです。大阪市北区にある大阪天満宮では、6月下旬から約1か月間にわたり、さまざまな神事があります。

一般的によく知られているのが7/24の宵宮祭の鉾流神事と7/25の本宮祭の陸渡御・船渡御。大川沿いで打ち上げられる、はなやかな奉納花火です。一千年の歴史をもつといわれ、浪速の繁栄のシンボルとして全国的にもよく知られている祭りです。

大阪天満宮の御朱印

大阪天満宮で通常いただける御朱印です。昨年は期間限定で、天神祭特別の御朱印が陸渡御・船渡御バージョンそれぞれいただくことができました。きっとこれから毎年出されるのではと考えて、今年は祭りとあわせて参拝する心づもりだったのですが…

今年の天神祭は

大阪天満宮では早くにお知らせが出ていましたので、ご存じのかたも多いと思います。2020年は陸渡御・船渡御や奉納花火など多くのひとが集まる行事は取りやめ、神事としての祭りは神職のみで行うとのことです。

osakatemmangu.or.jp

毎年天神祭はものすごい人出で、とくに近年は花火時の警備がたいへんと、テレビニュースでも取り上げられていました。三密をさけるうえで、残念ながら今年の中止は仕方のないことですね。また来年の開催を楽しみにしたいと思います。

7/3 追記

7/25に本殿内で行われる本宮祭は、ライブ配信を予定されています。神事の中継は初めての試み、神職による解説も入るそうです。貴重な機会ですのでリモートで参拝・疫病退散を祈願したいと思います。


そして限定の天神祭御朱印は、昨年に続いて今年も出されるとのこと。祭り本来の神事にあわせて、御朱印が受けられるのはうれしいですね。

住吉大社の住吉祭

大阪の住吉大社

住吉祭とは どんなお祭り?

大阪の夏祭りの締めくくりが住吉祭。大阪市住吉区にある摂津国一之宮、全国の住吉神社の総本社でもある住吉大社の例大祭です。例年7月の海の日から8/1まで神事がとり行われます。一般的には7/30の宵宮祭、7/31の夏越祓神事、8/1の神輿渡御のことをいいます。

色とりどりの衣装に身を包んだ夏越女・稚児の茅の輪くぐりや神楽の奉納。そろいの法被の男たちによる勇壮な神輿渡御。対照的な雰囲気の神事ですがどちらも心はなやぎ、大阪を祓い清めてくださる大事な祭りです。

住吉大社の御朱印

住吉大社でいただいた御朱印です。通常はこの二種と、楠珺社の御朱印が受けられます。また初辰日や例大祭のときのみ、対象の摂社・末社の御朱印がいただけますが、住吉祭限定というものはとくにないようです。

今年の住吉祭は

気になる2020年の祭りですが、まだ正式な発表はありません。

住吉大社の太鼓橋

緊急事態宣言を受けて住吉大社は5月末日まで閉門、今月に入りようやく参拝できるようになりました。しかし6月の初辰まいり・御田植神事の拝観の中止と、慎重な対応をされています。どれも多くのひとが集まる祭りですので、この流れでは今年の住吉祭りも…という気がしますが、はたしてどうなることでしょうか。今後、発表されましたらこちらに追記します。

これからのお祭りのかたち

突然のコロナ禍に、寺社もわたしたちもいろいろ手探りの状況です。伝統を守っていくのも大切なことですが、新しい試みも柔軟に受け入れ、こんなときだからこそ逆に楽しみたいですね。

みなさんもなにかと気をつかうことが多いでしょうが、どうぞお気をつけておでかけください。この夏も良いご縁がありますように!