花鳥参拝帖

参拝した寺社の見どころと御朱印・おみくじの紹介

等彌神社【見どころと御朱印】大嘗会はじまりの聖地・鳥見山

奈良の等彌神社

奈良・鳥見山は初代天皇である神武天皇が、即位後みずから皇祖天神をまつった地とされます。ふもとにある等彌(とみ)神社には、ユーモラスな八咫烏の御神像も伝わります。

等彌神社の御朱印

等彌神社の御朱印

鳥居をくぐってすぐ左手にある、社務所でいただきました。

等彌神社の見どころ

等彌神社の正面

歴史ある史跡・寺社が多い奈良県桜井市。なかでも等彌神社は、以前からいちど参拝したいと思っていたところです。

JR・近鉄桜井駅からは南東へ徒歩15分ほど、鳥見山のふもとに鎮座する式内社です。

等彌神社の一の鳥居

一の鳥居はしっとりと風情があり。それもそのはず、伊勢神宮より式年遷宮で拝受した内宮の鳥居だそう。神社の雰囲気にとてもよくあっていますね。

車でアクセスする場合はこの鳥居むかって右側に第一駐車場が、左側の細い道の先にも第二駐車場があります。

境内図を見ると…

等彌神社の境内図

表参道の先に上津尾社、裏参道を行くと下津尾社。さて、どちらから参ろうかな…

と、手水舎には、亀?

等彌神社の手水舎

いえ、亀に似ていますがこれは「贔屓」。中国の伝説では、龍が生んだ9頭の神獣・竜生九子のひとつとのこと。

重きを負うことを好むといわれ、石碑や柱の土台としてどっしり支えるイメージがあります。

薬師寺の贔屓
奈良・薬師寺の贔屓

こんな感じでちょこんと手水にいるのも、かわいらしいですね。

等彌神社の参道

神社は背の高い古木に包まれ、参道には石燈籠がならびます。

等彌神社の境内

百度石を左に行くと上津尾社、右に行くと下津尾社です。

大嘗会発祥の地・鳥見山

日本書紀によると、初代天皇である神武天皇は鳥見山中に霊畤(まつりのにわ)・神をまつる祭場を設けられ、即位後はじめて皇祖天神をまつったといいます。

このことから、鳥見山は建国の聖地・大嘗会はじまりの舞台とされます。

大嘗会とは、天皇が即位後はじめて大規模に行う新嘗祭(にいなめさい)である「大嘗祭」のかつての節会。令和の儀式のときに、よくニュースなどで耳にしましたよね。

www3.nhk.or.jp

等彌神社の創建年代はくわしくはわかっていませんが、古くから鳥見山中にまつられていたといわれます。

等彌神社の上津尾社

上津尾社の御祭神は、大日霊貴命(おおひるめのむちみこと・天照皇大神)。

もとは鳥見山中に本殿がありましたが、のちにいまの場所に遷されたそう。

等彌神社の下津尾社

対して下津尾社にまつられるのは、右殿・八幡社に磐余明神(いわれみょうじん・神武天皇)、品陀和気命(ほんだわけのみこと)。

左殿・春日社に高皇産霊神(たかみむすひのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)。

どちらの社も楓の木にかこまれ、照る葉がきらきらと美しい。

ほかにも弓張社・恵比須社・金毘羅社・黒龍社・稲荷社・猿田彦社・愛宕社などの境内社、桜井市護国神社が鎮座します。

境内は歌碑や句碑も多く、文学の森散策としての楽しみかたも。

また鳥見山の霊畤へも行けますが、宮司さんによると山道を一時間ほどかかるとのお話。

等彌神社から鳥見山霊畤への道

むむむ…とためらうわたしを見透かし、「まぁ、きょうは暑いしね」と。そう、写真からはまったく伝わりませんが、この日はすごく暑かった…。

気になるかたはぜひ、行ってみてみてください。

八咫烏のご神像

さて、恒例(?)の絵馬チェック。絵馬はその寺社の特長がわかりやすくアピールされているものですが…

これは…なんだ?

等彌神社の絵馬

宇宙人といわれても納得しそうなこの絵、八咫烏(ヤタガラス)の御神像をもとに描かれています。

御神像は下津尾社の敷地内より出土したもの。現在は本殿のほうにまつられていますが、社務所ではレプリカを見ることができます。

等彌神社のヤタガラス御神像レプリカ

目つきするどく、くちばしのようにとがった口元。表情は読めないのに敬礼のように頭に手をやるポーズがユーモラス。大きな丸い円(鏡?)のついたベルトも愛嬌あります。

八咫烏といえば、神武天皇を導いたと伝わる神鳥。実際にのところ、こちらがほんとうに八咫烏かどうかはわかりませんが、どんな意図があってつくられたのか考えさせられますね。

八咫烏御神像は土鈴やてぬぐい・ストラップ、御朱印帳などの授与品にもあしらわれています。

等彌神社の土鈴

土鈴はこじんまりバージョンになっていてかわいい。

手作りのブローチもおしゃれです。

等彌神社にある桃神社

そのほかに社務所横にある境内社、意富加牟豆美命(おおかむずみのみこと)をまつる桃神社ゆかりの桃絵馬・桃のつぶて守もおすすめです。

余談ですが、八咫烏の角がなだらかな絵馬の形は、鳥見山のすがたをあらわしているそうですヨ。

秋には紅葉のライトアップも

等彌神社の青紅葉

等彌神社は紅葉の名所としても有名。11月20~26日にはライトアップもされる献灯祭が行われます。

「そのときはお向かいの図書館に臨時駐車場をつくるから、ぜひいらっしゃい」と宮司さんに誘われましたので、また参拝したいと思います。

あわせて行きたい 近くの寺社めぐり

等彌神社のある桜井市には、魅力ある寺社がたくさんあります。

神社にいちばん近いところでは、日本三文殊のひとつ、阿倍文殊院

奈良の阿倍文殊院

阿倍文殊院 公式サイト

大和国一之宮の大神神社もおすすめです。

www.hanatori-sanpai.com

おとなりの橿原市になりますが、神武天皇つながりで橿原神宮もいかがでしょうか。

かわいいおみくじも引けますよ。

www.hanatori-sanpai.com

基本情報

等彌神社

所在地:奈良県桜井市桜井1176
拝観時間:終日参拝自由
公式サイト:http://www7b.biglobe.ne.jp/~yn118/