花鳥参拝帖

参拝した寺社の見どころと御朱印・おみくじの紹介

美具久留御魂神社【見どころと御朱印】楠木正成も崇敬した下水分社

大阪の美具久留御魂神社

大阪府富田林市にある美具久留御魂神社。「みぐくるみたま」神社と読み、大国主命の荒御魂をまつります。延喜式に記載のある式内社で、旧社格は郷社です。

美具久留御魂神社の御朱印

美具久留御魂神社の御朱印

神社名長いと墨書きもたいへんかもと、ちょっと思ったり…

美具久留御魂神社の見どころ

まつられているのはどんな神様?

社伝によると崇神天皇の御代、支子(きし)の森より大蛇があらわれ、農民を悩ませていました。みずから視察された天皇は「これ大国主命の荒御魂の荒ぶるところなり宜しくまつるべし」といわれ、社殿を建てたのがはじまりと伝わります。

大国主命の荒御魂は、和爾(わに)神という龍神だったそう。「美具久留御魂」という名は「水泳御魂(みくくるみたま)」という名に由来し、水を司り、割り当て配る神といいます。

南北朝時代には楠木氏の氏神として信仰され、上水分社(千早赤阪村の建水分神社)とともに、美具久留御魂神社は下水分社と称されました。

美具久留御魂神社の参道

参道より神社を見ると、こんもりと木が茂る丘になっています。これが御神体山で、4基からなる古墳群でもあるそうです。

本殿は丘の中腹。下拝殿からは急な石段が続きます。

美具久留御魂神社の石段

若干息切れしつつ、上拝殿に到着。息を整え、本殿に参拝します。

神体山と二上山

美具久留御魂神社の上拝殿

主祭神は美具久留御魂大神(大国主命)

相殿神として、左に天水分神(あめのみくまりのかみ)、水波廼売命(みずはのめのみこと)。右に国水分神(くにのみくまりのかみ)、須勢理比売神(すせりひめのみこと)をまつります。

美具久留御魂神社の本殿

本殿の左右には、摂末社が並び立ちます。自分のほかに参拝者はなく、静かな空気が流れるひととき…

と、ひと仕事終えてなごんでいましたが、実はこの上拝殿や下拝殿の横からは、さらに上へと参道が続きます。本殿を囲むような形で、御神体山の遥拝所に続いていたそうです。すっかり見落としてしまいました…。

もともとうっかり者ですが、疲れるとふだん以上に集中力が落ちます。次回は忘れないように、上まで参拝したいと思います。

美具久留御魂神社からの二上山

本殿振り返った東の方向には、少し木々に隠れますが二上山が見えます。

特徴的なふたつのコブ山のかたちは、本殿より下りた場所のほうがわかりやすいですね。

山のむこうは大和国、一之宮大神神社のある三輪山。山は朝日が昇る東の方角にあり、対して美具久留御魂神社のほうに向かって日がさします。

二上山との関係が深いこの地は、古くより神聖な場所とされていたのかもしれませんね。

美具久留御魂神社のみぐくるん

ちなみに、神社のイメージキャラクター「みぐくるん」ちゃんの頭は二上山をあらわしているそうですよ。では頭の丸は朝日かな?

神社もふつうにゆるキャラ出される時代になりました…キーホルダーなどのグッズもあり。せっかくなので、おみくじも出したらいいのにな!

あわせて行きたい 近くの寺社めぐり

大阪の錦織神社

美具久留御魂神社、建水分神社とあわせて「河内国の三水分社」と称えられる神社が錦織神社です。同じ富田林市内にありますので、あわせての参拝をおすすめします。

参考・このときの参拝ルート

錦織神社→美具久留御魂神社

基本情報

美具久留御魂神社

所在地:大阪府富田林市宮町3-2053
拝観時間:不明
公式サイト:なし